Huclowlのブログ

ほろすけ的に「こうやって考えると楽になるかも」って考え方のご紹介☆

外出自粛のストレスが原因?イラストに植物が極端に増えた理由

最近は秋が近づいて気候が良くなってきたこともあり、
人の動きも大分活発になってきました!


筆者は近所にある川沿いに毎朝散歩に行きますが、
特に週末はジョギングする人や散歩に出ている人で
結構賑わっています。


とはいっても、まだまだコロナ禍前のように気軽には出かけられないのが現状。


できるだけ家の中で過ごし、仕事も家からできるよう工夫しながら
一刻も早く終息を願う日々です。


終息と収束ってどう違うの?使い分け方は?

 

コロナに関するニュース記事を読んでいると、やたらと「終束」という言葉を
コメントしている人を見かけます。

かと思えば、「終息」もしくは「収束」というワードも出て来て
結局どれが正しいの??と、筆者困惑。


そのため、改めてささっと調べてみると

・終息:文字通り“ある物事が完全に終わる”こと
・収束:“混乱などが一旦落ち着く”こと
という意味になるようです。

ということは、恐らく「終束」という言葉はこの両者が何らかの形で
混ざってしまったがために使われていると推測され、
残念ながら「正しい言葉」としてはこの世に存在しません…

(間違ってたらすみません。日本人やり直します)

 

さて、そんなわけで筆者の困惑が収束したところで
次のトピックに参ります。

無意識に溜まってきている外出自粛によるストレス


最近はテレビもお笑いの方々を中心に癒やしを提供してくれる内容が増え、
ようやく安心して笑える日常に戻ってきたように感じます。


とはいえ、やっぱり「外出」に関してはまだまだ制限があるようにも感じられ
気軽に「そうだ、◯◯へ行こう!」とは言いにくい辛さもあります。


政府が「GoToキャンペーン」を実施してくれたことにより
数ヶ月前に比べたら大分出かけやすくはなっているものの、
特に県を跨いだ移動というのはまだ若干気が引けてしまう部分もあります。


旅行大好きな筆者としては辛いですが、その反面コロナがピークのときぐらいから
痛感するようになったことがありました。


それが、表題にある「植物」ひいては「自然」による恩恵だったのです。


自然の植物がもたらしてくれる癒やしの偉大さ


冒頭でもお伝えしたように、近所には幸い散歩やジョギングに適した
大きな川があったため、コロナによる外出自粛がきっかけで
健康のために毎朝川沿いに出る習慣ができました。


見るのは毎日同じ風景ですが、季節によって見られる花が違ったり
優雅に泳ぐ鳥たちに癒されたり、川の中をよくよく見ると魚がいたり
運が良ければオオサンショウウオや沢ガニなんかを見られることもありました。


コロナ禍がピークだった4月ごろは川沿いに満開の桜が咲き、
そんな自然を見ながら歩いているだけで、「平和であること」の喜びを痛感し
涙が出そうになったこともありました。


日常的にイラストを描いている筆者ですが、上記の理由から
「普段ならスルーしてしまうような雑草や木」にまで
注意深く目を凝らすようになり、そこに「自然の最大の美しさ」を感じるようになり
「絵として表現したい!」と思うようになりました。


最近ではケータイの画像はほとんど川沿いの植物や鳥たちの写真ばかりで、
描くのもそこからインスピレーションを受けたイラストが主になっていたのです。


まとめ


また今までのように気兼ねなく遠出できるようになって欲しいとは願いつつ、
日常にある自然や植物たちがもたらしてくれる癒やしや幸せがこんなにもあって
それが自分にとってどれだけ大きなものだったか。


それは忘れてはいけないことだと感じたため、
自身のイラストとして残していくこと、そしてこの記事は
その決意表明として書き記しておこうと思います。
(注:戦国時代の武士かよレベルの表現の堅さは一応自覚しております)


こんなカチコチな記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。
コロナのストレスに打ち勝とう!

「チャンス」は忙しい

誰にでも幸運は巡ってくる。
でもそれをどう掴んで花開かせるかは、自分の力次第。
“その時”までに、どれだけ自分を高められるか。
その状態次第で、大きく運命が変わる。
きっと平等に、頃合いを見て種を蒔いてくれている。
自分の力だとか、傲(おご)った考えは捨てて
恵んでもらったチャンスに感謝しながら、最大限に活かしていく。
時には究極の選択に迫られるかもしれない。
だから自分にとって何が大事なのかを
しっかり持っておかないといけない。

結果は急がない、でもいつまで時間が与えられるかはわからない。
自分が臨む結果とは何なのか?
そもそも、そんなもの必要なのか?
時間が与えられる限り、良さを追究していく。
ただそれが自分の人生なんじゃないかと思う。
何かを残したいとか。
結果が出なければ意味がないとか。
そんなことにこだわる必要が本当にあるのだろうか?
ただただ自分の幸せを、そして周りにいてくれる人の幸せを
「いまこの場で」可能な限り実現する。
ただただその繰り返しとしか思えない。

急がなくていい。
今自分は幸せか?
自分の周りは幸せか?
どうなるかわからない未来のために、今を不幸に生きるのか?

全ては自分次第。

ふとした時に突然繋がる、この瞬間が
自分にとっては幸せで、楽しくて仕方が無い。
もうそれだけで良い。

やれるだけやる。
続けられるだけ続ける。
自分のペースだけは崩さないように。
でも決して休むことのないように。

当たり前は当たり前じゃない

今の自分は、かつてないほど過去と違うように感じる。


人への接し方とか、行動に移すとか、お金や時間の使い方…

 

ただ単に、接する対象が必要最低限っていうのもあるのかもしれない。


かつての夢だった、「引きこもって物語を考える」みたいな生活が


既に少し始まっているようにすら感じるし、


周りに対して文句ばっかりだった気持ちも穏やかになっているし、


何よりそういう相手に自分から働きかけるようになったり…


少しずつ良くなっているのは間違いない、でも今はすごく飛躍的にそれを感じる。


今年に入ってから、全く違う自分になって、しかも今現在まで維持している。


自分の世界に入り込み過ぎて、おかしくなったんじゃないかとすら感じる^皿^、

 

でも、もうそれでいいやって思ってる。


「私は普通じゃない。」

 

堂々と、しかも良い意味で自信を持ってそれを言える。


自虐的な意味のようで、誇りを持ってそれを言える。


小さな成功体験の積み重ねが、それだけでここまで自分を変える。


でも、それを成功と呼ぶべきかはわからない。


驕り高ぶるような人間にはなりたくない。


自分は無知で、いつまで経っても全然大した人間じゃなくて、


だからこそより良くなるために進み続けるし、勉強し続けるし


行動し続ける。失敗し続ける。


だって、いつ命が終わるかわからないから。


去年の終わりから急に身近になった異常な環境が


今年中ずっと続いているせいかもしれない。


それでも尚、いやだからこそなのか、自分は恵まれていると感じて仕方が無い。

 

この環境は決して当たり前じゃない。


だからこそ、1分1秒まだ与え続けられている時間に感謝しかない。


自分自身だけじゃない。


自分の大切な人達がまだ、みんな近くにいてくれる。


遠くにいるけど、元気で、無事でいてくれる。


それがこんなにもありがたいことだったっていうことに気づかせてくれたのは、

皮肉にもいま自分自身を怖がらせに来る様々な形の恐怖。


外に1歩出た瞬間、誰かに襲われるかもしれない。


車が突っ込んでくるかもしれない。


病気になるかもしれない。


毎日不安もありながら、感謝し続ける。


いま自分が置かれている「当たり前」の状況は、決して当たり前のことじゃない。


だからこそ、急がなきゃって感じる。


できることがまだある。
やりたいことがまだ残ってる。


急がなきゃ、早く。


未来は約束されていない。


自分が生きている限り、どんな苦難があっても乗り越える道が残っている、


その意味をようやく自分の力にすることができたと思える。

 

 

さっき、久々に日記を読み返してみたら、なんだかすごく不思議な感じがした。


過去と未来を行き来したような。


日記を読んでいるその間に、自分は「その時の自分」に戻っていた。


「これは、今の私じゃない。」と思った。


そこですごくゾッとした。


これまで自分がどれだけ過去の自分に引っ張られていたか。


しかもその原因を作っていたのが、これほど大事にしてきた日記。


日記をつけて、それを定期的に読み返す。


これが一番自分に必要な断捨離だったのではないかと思った。

日記をつけること自体は、今後もやめることはない。


定期的に読み返す機会も持つと思う。


でも、今までの日記のつけかたは、過去と未来を繋げるのではなく


過去に引っ張られ続けるだけ。


でも今は、意識していたわけじゃなく「未来」しか見ていない。


もちろん過去を思い出す瞬間はある。


でも、すぐに未来に切り替わる。


今すぐ変われる。


自分は変われる。


すべての出来事が、タイミングが、完璧としか思えない。


あとは自分の努力、行動次第。


そして、常に感謝と誠実さを忘れない。


普通じゃないことで、批難されるかもしれない。


世間は厳しくて当たり前。


それに打ち勝つ自分でありたい。


急がなきゃ、早く。


行動あるのみ!

1日1つ、質を高める習慣をつける

かつてないほど、毎日毎日遊びもせず動いてるのに
それでもなんっかモヤモヤするなぁ…と思って眠れなかった、3日前の夜。


とりあえず、身の回りをまずはスッキリさせて
荷を軽くしよう!


と、真っ先に思い出したのが「断捨離」の本。

 

朝イチ手に取って、読み始めたら、基本的なことに気がついた。

 

決められた容器に入る分だけの物を入れる。
それより溢れるようなら、荷物を減らすか小さくして
容器に入るよう工夫する!

 

溜まった写真をUSBの中に収めようとしていたのと
正に同じ作業だった。

 

USBが溢れたから、もう1個買わなきゃ!が今までの自分。
でもこれからは、溢れたから厳選して、入る分だけにしよう!に変わる。


その「厳選して良い物を残す」「必要だと感じたらその時にもっと良い物を買う」

ってところから、まず目に付いたのが本棚。


既に溢れてるし、「ま~ず読まないだろう…」って本が結構ある。


今まで、「どれだけ溢れても、本だけは“知恵”という財産になるから取っておこう」
って思ってたけど、断捨離の本から学んだ知恵を活かして
“厳選”し始めると、だいぶ別れを告げなきゃいけない子達が
いたことがわかる。

 

しかも、埃がすごい。。。


これは…
ストレスの原因になっても不思議じゃないな~^^;と。。。


そりゃあ眠れないわ。失笑


って、やり始めてみて初めて感じる。


これを怠ってきたから、いつまで経っても変われない自分だったのかも…


逆に1日1つ、こうやって自分自身の質を上げるような習慣をつければ


もっと良い生活に近づいていく!

 

はっ。。。

 

夢を叶えるゾウの発想やん!!( ゚∀゚)

 


大分掃除して、片付けたつもりだったけど
どんどん見えてくる、更なる改善点。


ここを解消するだけでも、相当荷が軽くなるな~、
ってことはその身軽になった分だけ、次の新しいことができる!


ごくごく当たり前のことだった。


新しくやってみたいことは山ほどあるけど、
まずは今持ってる荷を整理していこう。


容器を増やせば良いってもんじゃない。


スナフキンになろう!!

頭デッカちゃん

突然ですが、ほろすけは頭でっかちです。


しかも長い間、そのことに気がついていませんでした。


なぜか?

 

それは…



頭でっかちだったから。^^

 


(`Д´)ノ<…これでは話が始まらないじゃないか!!


そうなんですよね~。


…気づけなかったのは、ずばりこの一言に尽きるかと思います↓


「自信がなかったから」。
「劣等感の塊だったから」。


一言やないやないかい。


名倉やないかい。(←まだ有効?)

 

後者の方が強いかもしれませんねー。

 

(o´・ω・`)<…言い方を変えただけで意味的には一緒なのでは。


そうかもしれませんね~。

 

とにかく、劣等感からくる「自分を大きく見せたい」という気持ち。
それが、ただどこかから得た知識や情報をあたかも自分の持てる
全てかのように、人に偉そうに言い振る舞う。


これってこうなんだよ!>(`▽´)ノドヤァ(人から聞いた話)


みたいなことがま~~~~ぁお~~~~ぉかったですね。
(…今でもあんまり改善されてないかもですが、、、)

とにかく!


頭デッカちゃんとは我が輩のことである!!!


がしかし!!


我が輩にも自分の声を人に届けたいという気持ちはあるのである。…のであるのである。


でも、それを押しつけがましくしたり、説教みたいにしたくはない…。

相手が心から「この人の話を聞きたい」

と思ってくれて初めて、自分が発言する意味がある。と思う。

そして自分の経験と知恵をきっかけに、相手の人生がちょっとでも
より良くなってくれたら。

もうそれ以上の喜びはないのである。。。

 

そもそもなんで頭でっかちになるのか?
頭でっかちだから、考えてみた。笑


まず自分の中で納得ができないと、行動できなかったんです。

必死に情報を集めて、勉強して、ちゃんと理解してからじゃないと

表に出ちゃいけないと思ってた。

 

でも、本当にやるべきだったのはまず「行動」。

とにかく最初の一歩を踏み出すこと。

だったんです。


なのに、「知識がないからそれすらやっちゃいけない」
みたいな変な先入観に支配されて…

気づけば立派な頭デッカちゃんに。(´・∀・`)♪オメデトウ!!

 

PDCAサイクルってありますよね。

ほろすけの中ではこれ、違うんです。

PPDCAサイクルなんです。。。

 

Planの次に、もう1つPが必要なんですほろすけには。

 

それは何か?

 

 

それは…

 

 

Prepare。。。

準備です。。。

 

 

人によっては、まず思いついた!で
PlanなしでとりあえずDoからしています。
いわゆる行動派ってやつ?

 

そこから何か気づきを得て、「今日はこうだったから次はこうしよう」
ってもうやりながらも考えるから、どんどん先へ進んでいく。

でもほろすけは臆病で劣等感が強くて真面目で勉強大好きだから、

まずPlanから

 

きっっっっっっっっっっちり

 

やらないと気が済まない。

 

 

恩師からいつの日か言われました。

 

「そこまで準備できてるならさっさと動きなさいよ!」

…ってタイプの人ね、あなたは>(-ω- )b■←コーヒー

 

そ~~うなんですよね~~~ぇ。゜(゜´Д`゜)゜。

 

 

じゃあ、今度は「なぜそんなにも行動に移せないのか?」って話になります。

 

自分で分析してみると、まず、

 

・「勉強」が好き

 

があります。とりあえず知ることから始めたい。

 

だって行動するって、何からやったらいいかわからんし。。。

 

なんかある程度計画してからの方が、安心じゃないか。的な。

 

でもって、ちょっとかじってみたその知識が、その時点での自分の全てになります。

 

ん、なんか思ったより大変そうだぞ…なんかもっと知識が必要そうだぞ…

下手に表に出て無知を晒して恥かくのは嫌だ!!!(´゚Д゚`;)

 

っていう…そう…自尊心。。。笑

 

劣等感が強いからこそなのか、自尊心も強いみたいですどうやら。

 

もうこれ以上人から馬鹿にされたくない!!

 

…自分が思ってる以上に自分は大したことない、って事実。

これを受け入れるまでに随分時間がかかった。

 

これまで失敗した経験があまりにも多かった、っていうのもあります。

どうせまた失敗するし…。って。

 

 

…なんだかすごく長くなりそうなので、明日に持ち越します^^;

ここまで読んでいただきありがとうございます♪^^喜

またあした~!

思考と感情の無駄づかい

相手に対して色々求めてしまうのってなぜなんでしょう。


もっとこうすればいいのに、とか、


そう思うなら一言声かければいいものを


声のかけかたを間違えて、険悪なムードになってしまったり


声をかけることもできず、ただ内に秘めてイライラしてしまったり。


ため息ついたり。


人がしてることってどうしてこうも癇に障るんでしょう。


本人が良ければそれで良いのに。


わかった上で、何か理由があって、納得してやってるのかもしれない。


そういうのを聞いてみるのも、コミュニケーションなのに。


仮に言葉遣いが少々粗かったりしても、善意で言ってるって伝われば


時間はかかっても耳を貸すようにはなる。…こともある。


でもただ単に、本人の感情というか、都合で言ってるだけって感じたら


余計に聞き流されるだけになる。


…なんて言葉で言うのは簡単だけど、いざその場面に出くわすと…


中々上手くいかなくて、ため息出ちゃうんですよねぇ^皿^、


頭で理解することと、実行は別物。


習得する、習慣化するまでが大変なだけで、不可能ではないはず。


そう信じて、ちょっとずつでもいいから、変えていこう。


すぐに変えようなんて思うからしんどい。


ましてや他人を変えようなんて、そんなカリスマ性自分にはない^皿^、


でも、コツコツ努力することくらいはできるはず。


そうです私は亀なんです!!


いや、亀さんを見習って、ウサギがどこにいようと気にせず


自分が持てる全力のペースで頑張っていくのです!!

チャーリーとチョコレート工場から読み解く成功のカギ

寒くなるとチョコレートが食べたくなる。


どうもほろすけです。


チョコレートは基本冷凍庫に入れておいて
食べたい時にボリボリ食べるのが美味しい!
というのがほろすけの認識でしたが、
つい最近こんなことを言われました。


「チョコレートが一番美味しいと感じるのは
20度くらいだから、季節は冬より秋。
常温で置いといた状態か、季節問わず冷蔵庫に入れてたとしても
常温に戻してから食べるのが一番美味しいんだ!」


…と、酔っ払った弟に熱弁されました。笑

でも、確かに言われてみると、チョコレートの味を適度に感じられて
カッチカチの時よりも食感が良いように思える。
コリコリっ♪という心地良い感じ。


さて、前置きが長くなりましたが
季節関係なく、ほろすけは「チャーリーとチョコレート工場」が大好き。
何回も何回も観てる。そして観る度にチョコが食べたくなる。笑


しかし、何回観ても疑問だったシーンがあります。


それは…


なぜチャーリーは「最後の1枚をロシアの子が当てたらしい」という話を
“聞いてから”チョコを買いに行ったのか?


このシーンは、丁度チャーリーが金のチケットを当てる直前のところ。


2人の(ホモらしき)犬の散歩をしてる男性が、会話をしながら
チャーリーの前を通り過ぎていく。


「ロシアの子が最後のチケットを当てたらしいね」
「知ってる、今朝新聞に出てたわね」


…確かこんな感じ。


そのあと、チャーリーは偶然お金を拾います。
そう、丁度ウォンカのチョコ1枚買えるだけのお金。


しかし既に、チャーリーは2枚もウォンカのチョコを食べています。
1枚は(みんなでシェアしたけど)お母さん達からの誕生日プレゼント。
もう1枚はおじいちゃんのへそくりで。


金のチケットも入っていない上に、つい最近立て続けに食べたばっかりの
ウォンカのチョコを、チャーリーはお金を拾って即行また買いに行く。

 


「ウォンカのとびきりめちゃウマチョコください!^▽^」

 


いつもいつも、「なんでだろう?」って疑問に思っていた。

何が不思議だったって、チャーリーがその場でチョコを開ける瞬間くらいに
近くに立ってたおばさんが、夕刊か何かを読んで
「チケットを偽造するなんて、しょうもないことするわね」
「まったくだよなぁ」ってお店のおじちゃんと会話をする。


これって逆じゃないの?と。


金のチケット偽物だった!じゃあまだ当たるチャンスがある?!
しかもお金落ちてる!ラッキー!買いに行こう!

 


おおお当たった~!!

 


…って流れじゃないのはなんでなのか。
その方が自然な気がするんだけどなぁ?


ってずっと変な視点から見て疑問に感じていたほろすけ。
こんな風に疑問に思ってたのは自分だけ?笑


そして何回も観ては何回も考えて、ようやく自分の答えに行き着いた。


なぜチャーリーが金のチケットを手にするだけでなく、
チョコレート工場丸ごと手に入れられちゃったのか。

 


それは…

 

 


チャーリーが本当に純粋にチョコレートが好きだったから

 

…至極シンプルですが。

ただただ純粋に。


そう、そこに余計な欲なんてないのです。

 

不思議なもので、変に欲を出すと運って逃げていく。
折角ラッキーで良い物が手に入っても、よこしまな気持ちで動いてしまうと
逆に不幸になっていく…。


これは最後のシーンにも繋がってきます。


何に換えても家族は捨てない。例え世界中のチョコでも。


…あぁ、なんだか書いてて泣きそうになってまった。笑


これわかりましたか皆さん。
ぐっときませんか。(何)


金のチケットなんか関係なくチョコレートが大好きなチャーリー。
つい最近2枚も食べたのにまた買うくらい。とにかく純粋に。


でも、そんなチョコレートを毎日食べられる工場丸ごともらえる権利さえも
家族の大切さには敵わない。


…こんな立派な回答、30過ぎた今の自分でもできる自信ない。笑


今の方が余計にお金に目が眩むし…


ってところで、どんだけほろすけの心が汚れているかがわかります。

心が汚れているからこそ、あのシーンが長年疑問だったということなのかもしれません。


とにかく、自分にとって一番大切なものは何なのか。
それに対して、どれだけ誠実な姿勢でいられるか。
それが、ほろすけ的にチャーリーから学んだ成功のカギです。

 

チャーリーとチョコレート工場は、チョコを食べたくさせるだけでなく
こうしてほろすけの心を清らかにしてくれた(?)のでした。


ちなみに、羊の毛を刈るシーンは未だに意味がわかりません^^;
もう、「意味がない」で解釈しています。
何か思うところがある方、是非ともコメントで教えてください☆


最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^